2018年1月20日土曜日

愛着理論と発生論 やり直し 5

3.Allan Schore の提唱する新しい愛着理論

精神分析における愛着理論をその高みにまで進めた人として Allan Schoreの名を挙げたい。Schore は愛着と分析理論と脳科学的な知見の融合を図る (2011)。早期の母子関係は現在は脳科学的な研究の対象ともなっているのだ。早期の母子間では極めて活発な情緒的な交流が行なわれ、両者の情動的な同調が起きる。そしてそこで体験された音や匂いや感情などの記憶が、右脳に極端に偏る形で貯蔵されているという。愛着が生じる生後の2年間は、脳の量が特に大きくなる時期であるが、右の脳の容積は左より優位に大きいという事実もその証左となっている (Matsuzawa, et al. 2001)。このように言語を獲得する以前に発達する右脳は、幼児の思考や情動の基本的なあり方を提供することになり、いわば人の心の基底をなすものという意味で、Schoreは人間の右脳が精神分析的な無意識を事実上つかさどっているのだと主張する。
 右脳はそれ以外にも重要な役割を果たす。それは共感を体験することである。その共感の機能を中心的につかさどるのが、右脳の眼窩前頭部である。この部分は倫理的、道徳的な行動にも関連し、他人がどのような感情を持ち、どのように痛みを感じているかについての査定を行う部位であるという。(わかりやすく考えるならば、脳のこの部分が破壊されると、人は反社会的な行動を平気でするようになるということだ。)その意味で眼窩前頭部は超自我的な要素を持っているというのがSchoreの考えである。
 さらには眼窩前頭部は心に生じていることと現実との照合を行う上でも決定的な役割を持つ。これは自分が今考えていることが、現実にマッチしているのかを判断するという能力であるが、これと道徳的な関心という超自我的な要素と実は深く関連している。自分の言動が、今現在周囲の人々や出来事とどうかかわり、それにどのような影響を及ぼすのか。この外界からの入力と内的な空想とのすり合わせという非常に高次な自我、超自我機能を担っているのも眼窩前頭部なのである。
 ここでSchore (2011) の提唱する無意識=右脳、という意味についてもう一度考えてみよう。一世紀前に精神分析的な心についてのフロイトの理論が注意を促したのは、私たちが意識できない部分、すなわち無意識の役割の大きさである。フロイトは無意識をそこで様々な法則が働くような秩序を備えた構造とみなしたり、欲動の渦巻く一種のカオスと捉えたりした。これはフロイトにとっても無意識は本質的にはつかみどころがないものであったことを示している。夢やいい間違い、ジョークなどの分析を考案することで、無意識の心の動きに関する法則を追及した。しかしフロイトの時代から現在までの一世紀あまりの間、無意識の理論は特に大きな進展を見せたとは言えない。その一方では心を扱うそれ以外の領域が急速に進歩した。その代表が脳科学であり発達理論なのである。
Schore の愛着理論の中でも注目すべきなのは、「愛着トラウマ」(Schore, 2002)という概念である。愛着関係は、それが障害された場合に、具体的な生理学的機序を介して乳児の心に深刻な問題を及ぼす。それは母親に感情の調節をしてもらえないことで乳児の交感神経系の持続的な興奮状態が引き起こされることによる。そして心臓の鼓動や血圧の上昇や発汗などに対する二次的な反応として、今度は副交感神経の興奮が起きる。すると今度は逆に鼓動や血圧は低下し、ちょうど疑死のような状態になるが、この時特に興奮しているのが迷走神経系の中でも背側迷走神経(Porges, 2001)と呼ばれる部分である。そしてSchore はこの状態として解離現象を理解する。そしてこれがAinsworthのいわゆるタイプDの愛着に対応するのである。
Schore, A.N. (2002). Advances in Neuropsychoanalysis, Attachment Theory, and Trauma Research: Implications for Self Psychology. Psychoanal. Inq., 22(3):433-484.
Schore, A (2011). The Right Brain Implicit Self Lies at the Core of Psychoanalysis. Psychoanalytic Dialogues, 21(1):75-100.
Porges, SW (2001) The polyvagal theory: phylogenetic substrates of a social nervous system. International Journal of Psychophysiology 42 Ž2001. 123_146


2018年1月19日金曜日

パラノイア 推敲 9

本題からそれていく・・・・。

 ユングに対する攻撃性が最初に自分に存在したのではないか、と言われればフロイトは絶対憤慨するだろう。「リビドー説は正しいことを私は確信している。どうして私が真実を認めようとしない哀れなユングに殺意を抱くだろうか? (彼こそが真実を先に見つけた私を殺害しようとしているのだ。)」 そして同じように、
  •    「ドラを最初に見捨てたのは私だって? ということはK氏だって? K氏こそいい迷惑だろう。ドラに一方的に(無意識レベルでの)愛情を向けられ、それが受け入れられないとなると、ドラは勝手にK氏に見捨てられたと責めるのだから。」 
  •   「ライウスが息子エディプスを殺そうとしたのが先だって? ナンセンス。か弱い息子を殺害しようとする父親などいるだろうか?
もちろんこれらのフロイトの説はそれなりに筋が通っている可能性がある。しっぺ返しは相互に続いていくために、最初のしっぺがどちらから発したものかについては証明の仕様がない。しかしそれにもかかわらず犯人が特定されるという前提がそこにはあるのだ。そしてそれは決してフロイトではないことになる。しかし実はフロイトの原体験としての自己愛憤怒が、彼をして最初の犠牲者にしたのではないだろうか?

ところでこの「トゥクオーキー」、調べてみると面白い。Wiki 様(英語版)によれば、これは論理上の偽り logical fallacy 、一種の詭弁であるという。

Tu quoque は次のようなパターンを踏むという。

まずAさんが「Xだ」、と主張する。Bさんは「そもそもAさんこそがXという主張と矛盾しているあり方や行動を示しているではないか。だからXは間違いなんだ」という。これだけではわかりにくいが、例として次のようなものを挙げてある。


Aさんが「動物は大切に扱わなくてはならない」(X)と主張する。しかしそのAさんが毛皮のコートを着ているためにその主張は聞き入れられない。

ところでこのロジックはいわゆる ad hominem とも関連しているらしい。日本語ではいわゆる「人身攻撃」と訳される。Aさんが「盗みはいけない!」(X)と主張しても、そのAさんが窃盗を犯して前科がある場合には、「こんな人の主張はあてにならない」となる。つまりロジックそのものではなく、それを主張している人を信頼性に乏しい、という理由でX自身を却下するのである。

調べている途中で出会ったのが「燻製ニシンの虚偽(red herring)」 これも面白そうだ。推理小説などで、真犯人をカモフラージュするために、最初の部分ではその人の善良さを表すエピソードを挿入したりする。実際は猟犬を惑わすために、獲物とは別の方角に、匂いのきつい燻製ニシンを置いておく、という意味だったらしい。

ということでますますフロイトから離れていく・・・・・。

2018年1月17日水曜日

パラノイア 推敲 8

あれからずっとフロイトのパラノイアについて考えている。やはり源泉はフロイトそのものという気がする。
有名なドラのケースの中の一文を再び引用する。「自己非難から自分を守るために,他人に対して同じ非難をあびせるこのやり方には,否定できない自動的なもの(something undeniably automatic, etwas unleugbar Automatischesがある。その典型は,子どもの『しっぺ返し tu quoque arguments, Retourkutschen』に見られる。すなわち,子どもたちを,嘘つきとして責めると,即座に,『お前が嘘っきだ』という答えが返ってくる。」(SE.35, 邦訳 297頁)
つまり相手から責められたら、(それを否認して)同じ事を相手に返すことが、普遍的な人間の性質だと述べている。でもこれはフロイト自身の心の動き方を告白しているようなものともいえる。そして彼の人生にはその影がちらちら見えるのだ。いくつか思い出してみよう。

  •   フロイトはユングに対して「あなたは父親殺しをしようとしている」と責めた。でもこれはフロイト説を用いるならば、自分のリビドー説を信じようとしないユングへの、フロイトの激しい怒りの「しっぺ返し」ということになる。
  •    フロイトは息子たちに医師になることを禁じた。彼らが父親殺しをするようになることを恐れたからだ。これはフロイト説に従えば、将来息子が自分より強くなってしまった場合に彼らに抱くであろう攻撃性の、先取りされた「しっぺ返し」ということになろう。
  •    ドラの場合、フロイトはドラに見捨てられたというが、実はフロイト説に従えば、ドラをフロイトが先に見捨てたことに対するドラの側のしっぺ返し、ということになる。でもフロイト自身はこう考えなかったようだ。
  •    エディプス関係にある息子が父親を殺そうとするという理論。フロイト理論に従えば、父親が最初に息子を殺そうとしたと考えるとつじつまが合う。
  もちろんこれらについてことごとくフロイトは否定するであろう。これらのいずれにもしっぺ返しの原則は働いていないと主張するに違いない。そしてそれはそうかもしれない。フロイトの理論が極端であるならば、私がここに書いていることもすべて極端だということになる。ただここには少し怪しいロジックがある。



2018年1月16日火曜日

パラノイア 推敲 7

パラノイアのこと、しばらく忘れていた。少しフロイトのことで書き足した。

フロイトのパラノイアはそのまま治療論にも表れているとみていいだろう。例えばドラの症例では、
「このようにして転移が私に不意打ちを食らわせた。そしてK氏のことをドラに思い起こさせた私の中の未知の性質のために、ドラはK氏に復讐したかったように私に復讐した。そして自分がK氏に騙されて捨てられたと信じていたように、私を捨てた。つまり彼女は自分の回想と空想の需要な部分を治療の中で産出する代わりに行動化したのである。」
とある。ドラのケースは様々な形で批判されたわけだが、フロイトは自分の治療の押しつけがましさによりドラに去られたにもかかわらず、自分を被害者扱いしている。これはかなり自己愛的な態度と言っていいだろう。自分は周囲から攻撃されるという理解は彼の人生にも、治療にも、そして理論にも一貫していたことになる。もうこれは「反転の論理」とでもいうべきものであり、究極の「開き直り」ともいえるのではないか?
佐々木承玄氏の「フロイトの症例ドラから考える逆転移の問題」(京都大学大学院教育学研究科紀要 (1999), 45: 67-83)から一部引用しよう。(下線は岡野が追加)

フロイトは「他人に対する一連の非難は,同様の内容をもった,一連の自己非難の存在を予想させる。個々の非難を,それを語った当人に戻してみることこそ,必要なのである」297頁)と いう態度で分析を進める。そして,ドラの父への非難が同様の自己非難に裏打ちされていることを見出す。「しかし彼女[ドラ]自身,まったく同じことをしていたのである。彼女はこの事件において 共犯者であり,この関係の真の性格を示すあらゆる徴候を拒否していたのである。」つまり,ドラも,父とK夫人の交際をできるだけ助けるようにもしていたのであり,また,いくつかの話か ら,ドラはK氏を愛してもいたのであり,自分とK氏との仲がうまくいくようにも取りはからっていたのだと推論する。「事柄を自分自身の恋の情熱に都合のいいように処理してしまった,と いう非難一彼女が父に向けてはなった,この非難は-そのまま,彼女自身に送り返されてくることになった。」(299頁)フロイトは,このような点,方法を鍵として,患者の分析を深め,徐々に意識化を促していく。フロイトが述べたこの言葉は少なくともある程度は真実であり,また妥当な方法であるとも思われる。 が,ここに決定的な盲点がある。「自己非難から自分を守るために,他人に対して同じ非難をあびせるこのやり方には,否定できない自動的なもの(etwas unleugbar Automatisches)がある。その典型は,子どもの『しっぺ返し』に見られる。すなわち,子どもたちを,嘘っきとして責めると,即座に,『お前が嘘っきだ』という答えが返ってくる。」(297頁)この節で述べてきたようなことは,フロイトが言うように「自動的に」そうなってしまうことであり,治療者自身にも全くあてはまってしまう。「自分の場合には感情的抵抗のために認識できない関連性を,他人の場合には認識できるということが,患者には極めて通常に起こることである」というフロイトの言葉を引用したが,これは患者のみならず,治療者にも「極めて通常に起こる」点が盲点である。ここに現れている問題が,抵抗や転移・逆転移などにおいて最も根本の問題であると思われる。フロイトの技法論が画期的であるのは,この問題を見据えていることであると筆者は思っている・・・。

でもこれは大問題でもある、と言うのが私の意見である。そしてこれはまたPIの多用という問題にも通じるのだ。


2018年1月15日月曜日

愛着理論と発生論 やり直し 4

この部分、まったく書けていなかった

以下に愛着理論の発展を「愛着と精神療法」(Wallin, 2007)を参考に簡単に追ってみたい。愛着理論の金字塔としては、なんといっても Bowlby Mary Ainsworth の二人三脚による有名なストレンジシチュエーション(以下「SS」と表記する)の研究が挙げられる。このSSについては周知のことと思うが、子供を実験室に招き入れ、親が出て行き子供が残された部屋にいきなり他人が侵入するという、まさに「見知らぬ状況」を設定する。そしてストレスにさらされた子供が示すさまざまな反応についての分類を行う。Ainsworth は三つの分類を行った。それらは不安-回避(Aタイプ)、安全(Bタイプ)、不安-両面感情ないし抵抗(Cタイプ)である。その後継者 Mary Main は成人愛着面接(AAI)に関する研究を行ったが、それは「愛着研究における第2の革命」と呼ばれるものである。これにより親は自分自身の親との関係に関する成育史を表現することになるのだ。ここできわめて注目すべきなのは、親のAAIによる分類が、子供のSSの分類が安定型か不安定型かを75パーセントの確率で予見するということを実証したという点であろう。また Main Judith Solomon とともにもう一つ新たに発見して提唱したのが、後に述べるタイプDである (Main, M., & Solomon, J. ,1986)
 Main に続いて登場したのが前出の Fonagy である。彼の理論は Bowlby や Main との個人的なつながりを通して形成されていった。そして当然ながらメンタライゼーション理論、間主観性理論や Jessica Benjamin の理論との関連を築いたのも Fonagy の功績と言えるであろう。


愛着理論から見た病態の理解

成人における愛着のタイプについては、Bartholomew & Horowitz (1991)の研究が広く知られている。彼らは, Secure, Anxiouspreoccupied, Dismissiveavoidant, and Fearfulavoidant.と言う分類を提案し、日本語では安定型、とらわれ型、拒絶型、恐れ型として表現されている(加藤、1998)。
愛着軽視型患者とは、強迫や自己愛およびスキゾイドからなる連続体の一部に位置するものについて、愛着理論から診断名を与えたものといえる。これは価値下げ型、理想化型、コントロール型に分かれ、それぞれ治療者に対する異なるかかわり方を示すという。また「とらわれ型患者」では、愛着軽視型患者とは対極にある患者として理解される。この「とらわれ型患者」は「感じることはできても対処ができない人々」と形容され、演技性~境界性パーソナリティ障害に対応する。そしてこのタイプの患者との治療的なかかわりについて考える際に、関係性、マインドフルネス、共感等の様々な議論が有用である。また 「未解決型患者」 で問題となる患者とは、成育史において外傷を経験し、その解決に至っていない人々である。その治療の際には患者の安全への恐れを克服し、外傷を言葉にすることを促し、マインドフルネスとメンタライジングを主要なツールとして用いると記されている。

David J. Wallin, D (2007) Attachment in Psychotherapy The Guilford Press.デイビッド・J・ウォーリン, 津島豊美訳 星和書店、2011年加藤和生(1998)  Bartholomew らの4分類愛着スタイル尺度 (RQ)の日本語版の作成 Journal of Cognitive Processes and Experiencing.9:pp, 41-50.
Bartholomew, K & Horowitz, L.M. (1991). Attachment styles among young adults: A test of a four category model. Journal of Personality and Social Psychology,6226-244.

2018年1月14日日曜日

愛着理論と発生論 やり直し 3

2.愛着理論の歴史とその発展

これまでに発生論の中にも後の愛着理論と深いつながりを持つものがあることが示された。ここで振り出しに戻って John Bowlby Spitz らによりその基礎が築かれていた愛着理論そのものについて振り返っておきたい。愛着理論は彼らの貢献により、精神分析の歴史の初期より存在し得ていた。それはフロイト自身の著作の中にその多くのヒントが与えられていた (Emde, 1988)。しかしそれにもかかわらず、精神分析の歴史の中では、愛着理論は長い間傍流として扱われていた。これは精神分析理論の多くが乳幼児期の心性を扱っていたことを考えるならば、実に不思議なことと言うべきであろう。そのひとつの理由は、愛着理論がフロイトや Klein の分析的なモデルを用いることのない、独自の方針を打ち出したからと言えるだろう。Bowlby は乳幼児を直接観察し、その実証データを集めることから出発した。それは分析理論に基づいた発生論的観点、すなわち幼児の内的世界を想定し、それを理論化した Klein Anna Freud とは全く異なるものであった。彼女たちがフロイトの欲動論を所与として出発したのに対し、Bowlby は実際の乳幼児のあり様から出発した。そこには愛着理論の提唱者が一貫して表明する傾向にある、一種の反精神分析的な主張である。例えば Bowlby はかなり舌鋒鋭く以下のような批判を行っていた。
「精神分析の伝統の中には、ファンタジーに焦点を当て、子供の現実の生活体験からは焦点をはずすという傾向がある。」(Bowlby, 1988, p.100) この批判は現在の関係精神分析の論者の言葉とも重なるといえよう。
20世紀後半になり、英国でBowlby に学んだMary Ainsworth が画期的な実証研究を行ない、Mary Maine Robert Emde らによリひとつの潮流を形成するに至って、愛着理論は精神分析の世界において確たる地位を築いたと言えるだろう。しかしなぜそれは精神分析の本流とも言うべき諸理論からは一定の距離を保ったままであるとの観を抱かせるのであろうか? 



2018年1月13日土曜日

愛着理論と発生論 やり直し 2

しかし論文書くのは・・・・しんどいなあ。これも運命か。

発生論における Winnicott, Kohut の貢献の特異性

 しかし精神分析的な発生論の中には、後に論じる愛着理論に直接結びつくような論点を含んでいたものもあった。それらの代表として前出の Winnicott と米国の Heinz Kohut を挙げたい。小児科医として長年臨床に携わった Winnicott が描き出した精神分析理論は、実際の乳児の観察に基づいたものであり、フロイトや Melanie Klein の欲動論的な理論とは全く独立したものであった。Winnicott の心の発達理論は、母子の間でどのように子供の自己が生成され、それが母親の目の中に自分自身の姿(「分身 double」(Roussillon, 2013)を見出す作業を通したものである点について論じたものである。母親は子供の分身をその心に宿すとともに、自分という、子供とは異なった存在を示す。それにより子供は自分と母親という異なる存在を同時に体験していく。その際 Winnicott は乳児の心に根本的に存在するものとして、フロイト流の攻撃性や死の本能を想定しなかった。その代わり彼が重んじたのが赤ん坊が持つ 動き motility であった。すなわち動因としてはそこに外界や対象への自然な希求を重視したのである。
このような点に着目した Winnicott はその発生論において、「一人の赤ん坊というものなどいない」という表現を用い、乳児は常に養育者と存在することの自然さを言い表した。そして同時に他者の不在や過剰なまでの侵入についてその病理性を論じたが、その路線は後に述べる Bowlby の系譜に繋がる発達論者と軌を一にしていると考えていいだろう。
同様の事情は Kohut の理論にも言えよう。Kohut の登場は精神分析の歴史の中では極めて革新的なものであり、その真価はそれが結果的に愛着や母子関係等への研究を含む発達理論への着目をさらに促したことにあるとされる(Schore, 2002, 2003)。Kohut が「自己の分析」 (1971) において論じた自己対象 selfobject の概念は、きわめて発達心理学的な意義を内包していた。成熟した親は、子供に対して自己対象機能を発揮する。そうすることで、母親は未発達で不完全な心理的な構造を持った幼児に対する調節機能を提供する。Kohut はそれを自己対象関係の与える「恒常的な自己愛的な安定性 homeostatic narcissistic equilibrium」と表現し、それが自己の維持に不可欠なものとした。
  さらに発達理論との関連で重要なのがミラリングの概念である(Schore, 2002)。発達理論によれば、生後二ヶ月の母子が対面することによる感情の調節、特に感情の同期化は乳児の認知的、社会的な発達に重要となる。そしてこれが Kohut のミラリングの概念に符合し、Trevarthen (1974) はこれを一次的な間主観性 primary inter-subjectivity と呼んだのであった。このように Kohut が概念化した母子の自己対象関係と、その破綻による自己の障害は、発達理論ときわめて密接に照合可能であることがわかる。後者においては母子との関係における情動の調節の失敗としてのトラウマやネグレクトが、さまざまな発達上の問題を引き起こすことがわかってきている。その意味では Kohut はトラウマ理論の重要性を予見していたと言えるだろう。

Schore, AN. (2002) Advances in Neuropsychoanalysis, Attachment Theory, and Trauma Research: Implications for Self Psychology. Psychoanalytic Inquiry, 22: 433-484, 2002.
Schore, AN. (2003) Affect Dysregulation and Disorders of the Self “(W.W. Norton & Company, Chapter 8.The Right Brain as the Neurobiological Substratum of Freuds Dynamic Unconscious.
Trevarthen, C. (1974), The psychobiology of speech development. Neurosci. Res.Program Bull., 12:570585.
Schore, A.N. (2011). The Right Brain Implicit Self Lies at the Core of Psychoanalysis. Psychoanal. Dial., 21:75-100.
Kohut, H. (1971) The Analysis of the Self. Int. Univ. Press, New York.(水野信義、笠原嘉監訳、自己の分析、みすず書房、東京、1994)
Kohut, H (1966) Forms and Transformations of Narcissism Journal of the American
 Psychoanalytic Association, 14:243-272
Roussillon,R (2013) Winnicott's Deconstruction of Primary Narcissism. In Donald Winnicott today
edited by Jan AbramNew library of psychoanalysisRoutledge, pp. 270-290.