2018年6月21日木曜日

短いあとがき


あとがき

精神分析の世界の中で、いろいろな提案をし、論文や著書の形で世に問うという作業を重ねているうちにもう還暦をとうに超えてしまった。我ながらあっという間という気もするし、しかしこれまでの道程を思うと長かったとも思う。もし三十歳若返ることが可能で、また同じことをもう一度繰り返す機会を与えられるとしても、断固拒否したい。私はこれまで辿った道程にほぼほぼ満足しているし、あとどれほど時間が残されているかわからないが、これからも同じ方向を歩んでいきたい。
今後のあるべき精神分析の方向性を考える上で、最近出会った、いわゆる「多次元的アプローチ」の理論はそれを比較的うまく表現してくれていると感じる。ミック・クーパーとジョン・マクレオットによるこの理論(末武康弘、清水幹夫訳「心理臨床への多次元的アプローチ」岩崎学術出版社、2015年)は、様々な精神療法の理論を統合的にとらえ、人間の多様さを認めたうえで、様々な療法の中からベストなものを選択するという立場である。もちろんそこには精神分析療法も含まれるが、認知療法、行動療法、パースンセンタード療法など様々なものを含む。これは患者にベストなものを提供するという私の発想と同じである。まえがきにも書いたが、私の母国語は精神分析であることは間違いない。私はそれを通して多次元的なアプローチの精神を追求したいと思う。
そうはいっても私がこれまで主として依拠していたウィニコット理論や関係性理論から多次元的アプローチに宗旨替えしたというわけではない。有難いことに多次元的アプローチの出現により、私が考えていた精神が言葉になったというわけである。クライエントにとってベストなものを追求するために、母語である精神分析理論を使って、そのあるべき姿をこれから描いていきたいと考えている。
なお本書は例によって (以下略)          
改めて深くお礼を言いたい。


2018年6月20日水曜日

初出一覧を作った


1章 「小此木先生との思い出」(小此木先生没後10周年追悼式典(2014211日 明治記念館)にて発表)
2章 「共感と解釈」について  本当に解釈は必要なのか? (小寺セミナー、2017723) にて発表)
3章 解釈の未来形―共同注視の延長 (東京精神分析協会東京大会(2015612日)にて発表。)
4章 「転移解釈の意味するもの自我心理学の立場から」として「精神分析研究 2008年」のどこかの号に掲載された。
5章 不明
6章 「自己心理学における無意識のとらえ方と治療への応用」 最新精神医学 17 6 2012
7章 「精神医学からみた暴力」 児童心理 69(11), 909-921, 2015-08 金子書房
第8章 「対人恐怖-精神分析による理論と治療」 精神療法 37, 396-404, 2011
第9章 「自然消滅」としての終結 in 松木 邦裕 岡野 憲一郎その他編集(2016)心理療法における終結と中断 (京大心理臨床シリーズ) 創元社
10章 不明
11章 トラウマと精神分析 こころの科学 特集「トラウマ」、20129月号
12章 解離治療における心理教育 (前田正治、金吉晴偏:PTSDの伝え方トラウマ臨床と心理教育 誠信書房、2012年)
13章 転換・解離性障害(精神科治療学神科治療学25巻増刊号「今日の精神科治療ガイドライン」(星和書店、2010)
14章 ボーダーラインパーソナリティ障害を分析的に理解する 
医原性という視点からの境界性パーソナリティ障害(こころの科学154号 境界性パーソナリティ障 害 岡崎祐士 (編集), 青木省三 (編集), 白波瀬丈一郎 (編集) 2010年 所収)
15章 柴山雅俊、松本雅彦編:解離の病理自己・世界・時代 岩崎学術出版社 2012
16章 治療的柔構造の発展形精神療法の「強度」のスペクトラム in 週一回サイコセラピー序説 創元社 2017年 所収 
17章 死生学としての森田療法(第31回日本森田療法学会 特別講演2)森田療法学会雑誌 第25巻第1号、p.1720(2014)
18章 認知療法との対話 in 現代のエスプリ特集(妙木浩之編)[自我心理学の現在]  
19章 精神療法の倫理 「臨床精神医学」第471月号 (2018)
20章 『臨床心理学』第17巻第4号(20177月)


2018年6月19日火曜日

2018年6月18日月曜日

精神分析新時代 推敲の推敲 27


21章 精神分析をどのように学び、学びほぐしたか?
            
本書の最後の章は、精神分析を学ぶ側の姿勢についての議論である。この章は2017年に精神分析学会で発表したのもの原稿をもとにしており、「です、ます」調で書かれたものなので、その形を保ったままでここに再録したい。
本日は、私自身が精神分析をどのように学んだか、というテーマでお話をしますが、このテーマを与えられた時にまず心に浮かんだのが、「学びほぐし」という言葉です。これは英語の unlearn の日本語訳ということになっていますが、「脱学習」、というよく使われる訳語とは別に、評論家の鶴見俊輔先生(2015年、93歳で没)がこれを「学びほぐし」という絶妙な日本語にしたという経緯があります。そしてこれが本日のテーマにぴったりという気がします。そこで「精神分析をどのように学び、学びほぐしたか?」というテーマでお話ししたいと思います。

学びの最終段階は、必ず一人である
先日あるセミナーで講師を務めてきました。そのセミナーは三人の先生方が「治療関係」という大きなテーマについて連続して講義をするというものでした。しかしあいにく土、日にかけて行われるため、先に講義した先生はすでに帰られていて、三人の講師が最後にそろって一緒に質問を受ける、ということができませんでした。そしてその後に回収されたアンケート用紙に、ある受講生の方が次のように書いていらっしゃいました。
「患者さんからのメールにどのように対処するかについて、講師Aの言うことと、講師Bの言うことが違っていたので、講義を聞く側としては混乱してしまった。」
この講師Aとはある精神療法の世界の大御所です。そしてこの講師Bとは私のことです。「治療関係」というテーマでの話で、患者さんとの具体的なかかわりに話が及び、そこでA先生がおっしゃったことと、私が言ったことにくい違いがあったことをこの受講生(Cさんとしましょう)が問題にされたのです。私は私の講義で、「患者さんとの連絡用にメールを用いることがあるが、患者さんからのメールに返信するかどうかは、その緊急性に応じて決める」というような言い方をしたと思います(ちなみにここでは実際の例に多少変更を加えています)。そしてそれに対してA先生はかなり違った方針をお話したのでしょう。ただし私はA先生のお話を聞いていないので、私の想像の範囲を超えません。
私はCさん(および同様の感想を持った方)に対して、混乱を招いてしまったことは残念なことだと思いますが、私にさほど後ろめたさはありませんでした。それよりもむしろ、Cさんの不満は、精神療法を学ぶ上で、非常に重要な点を私たちに考えさせてくれたと思います。それがこの unlearning というテーマです。CさんはたとえA先生の方針を最初に聞いて学習したとしても、あるいは私の話を聞いて学習したとしても、結局はどちらの内容に頼ることなく、自分ひとりでこの問題について判断しなくてはならないということです。Cさんは私からメールについて学んだとしても、あるいはA先生から学んだとしても、それを学びほぐさなくてはなりません。つまり自分一人で問い直し、自分一人で答えを出すという作業をしなくてはならないわけです。そしておそらくCさんはまだそのことを知らなかったのであろうということです。
もちろんCさんは他のことについてはたくさん学習をなさっていることと思いますし、その一部は学びほぐしていらっしゃるのでしょう。でもこの患者さんとのメールのやり取り、あるいは電話のやり取り、さらにはセッション外での患者さんとのコミュニケーションのあり方については、彼が一度学んだ後、学びほぐす類の問題であることをまだ自覚していないのだと思いました。

     (以下、とっても長くなるので省略)

2018年6月17日日曜日

精神分析新時代 推敲の推敲 26

19章 精神分析と倫理

初出:精神療法の倫理 「臨床精神医学」第471月号(2018)

はじめに
精神分析療法における倫理の問題は極めて重要である。それは臨床家としての私達の活動の隅々にまで関係してくる。本章ではこの倫理の問題について論じたい。
まず倫理について考える素材として、簡単な事例を挙げることから始めたい。

ある夏の暑い日、汗だくになった30歳代の男性の患者が、心理療法のセッションに訪れた。彼は面談室に入るなり、近くのコンビニで買った二本のミネラルウォーターのペットボトルを袋から取り出して、・・・(以下省略)

このような反応は、特に駆け出しの治療者にはありがちであろう。そこで次のように問うてみよう。この治療者の行動は倫理的だったのだろうか? 
 もちろんこの問いに正解はないし、この治療者の行動の是非を論じることが本稿の目的でもない。ここで指摘しておきたいのは、この治療者の行動に関連した倫理性を問う際には、大きく分けて二つの考え方があり、その一方を治療者である私たちは忘れがちだということである。それらの二つとは、
    「治療者としてすべきこと(してはならないこと)」という考えまたは原則に従った行動だったか?
     患者の気持ちを汲み、それに寄り添う行動だったか?
である。そして筆者が長年スーパービジョンを行った体験から感じるのは、このうちに関連した懸念が治療者の意識レベルでの関心のかなりの部分を占めているということである。「治療者として正しくふるまっているのか」という懸念は、おそらく訓練途上にある治療者の頭の中には常にあろう。彼らはスーパーバイザーに治療の内容を報告する際に、「それは治療者としてすべきではありませんね」と言われることを恐れているかもしれない。それはすなわち上のへの懸念を促すことになり、それに従った場合は、事例の治療者のように「面談室での飲食は禁止」という治療構造は守られるだろう。しかしそれは同時にを検討する機会を奪うことになりかねない。そしてその結果としてミネラルウォーターを拒まれた患者は、その好意を無視されていたたまれない気持ちになってしまう可能性も生じるのである。
(以下省略)

2018年6月16日土曜日

精神分析新時代 推敲の推敲 25


第17章      分析家として認知療法と対話する
初出:認知療法との対話 現代のエスプリ特集(妙木浩之編)[自我心理学の現在]に所収  
本章では、精神分析から見た認知療法について論じる。はたして両者は全く異なるものなのか? 歩み寄りは可能なのか? このテーマは私がかつて「治療的柔構造」(岩崎学術出版社、2008年)という著書でいくつかの章にわたって問うた問題であるが、ここでその後10年を経た私の考えをまとめたい。

 「面談」はすべてを含みこんでいる

私は精神分析家であり、認知療法を専門とはしていないが、分析的な精神療法の過程で、あるいは精神科における「面談」の中で、患者と認知療法的な関わりを持っていると感じることがある。特に患者の日常的な心の動きを一コマ一コマ患者とともに追うことはそのようなプロセスであると認識している。
そこでまず、あまり問われていないが重要な問題について論じたい。精神科医が行う「面談」とはいったいなんだろうか? 医者が患者とあいさつを交わし「最近どうですか?」などと問う。患者はその時頭に浮かんだことや、あらかじめ用意しきてきたテーマについて話す。場合によってはそれが5分だったり、10分だったりする。これほど毎回行われる「面談」の行い方の教科書などあまり聞かないが、それはなぜだろうか?
この種の面談はもちろん精神科医の専売特許ではない。たとえば心理士との面接でも、特に構造を定めていないセッションでは、近況報告程度で終わってしまう場合も少なくないだろう。これも一種の「面談」の部類に属するといえる。
 「面談」の特徴は、基本的には無構造なことだろう。あるいは「本題」に入る前の、治療とはカウントされない雑談のような段階でこれが現れるかもしれない。しかしこれは単なる雑談とも違う。二人の人間が再会する最初のプロセスという意味では非常に重要である。相手の表情を見、感情を読みあう。そして精神的、身体的な状況を言葉で表現ないし把握しようと試みる・・・。ここには認知的なプロセスも、それ以外の様々な交流も生じている可能性がある。「面談」を精神医学や精神分析の教科書に著せないのは、そこで起きることがあまりにも多様で重層的だからだろう。
私は数多くの「~療法」の素地は、基本的には「面談」の中に見つけられるものと考える。人間はそんな特別な療法などいくつも発見できないものだ。だから私は認知療法にしても精神分析にしても、互いにまったく独立した独特な治療法だとは考えない。

2018年6月15日金曜日

精神分析新時代 推敲の推敲 24


第17章   死と精神分析 
初出:死生学としての森田療法(第31回日本森田療法学会 特別講演2)森田療法学会雑誌 第25巻第1号、p.1720 (2014)
 1.はじめに  受容ということ
 本章では「死と精神分析」というテーマを扱う。途中で森田療法やその創始者森田正馬についてしばしば言及しているが、それはもとになった論文が森田療法学会での発表原稿だからである。そのことをまずお断りしておきたい。
さて本章での私の主張を一言で表現するならば、精神分析や精神療法においては、どのような種類のものであっても、そこに治療者側の確固たる死生観が織り込まれているべきであろう、ということである。
まず最初に示したいのは、フロイトの次のような言葉である。

私が楽観主義者であるということは、ありえないことです。(しかし私は悲観主義者でもありません。)悲観主義者と違うところは、悪とか、馬鹿げたこととか、無意味なこととかに対しても心の準備が出来ているという点です。なぜなら、私はこれらのものを最初から、この世の構成要素の中に数えいれているからです。断念の術さえ心得れば、人生も結構楽しいものです。(下線は岡野による)』(フロイト:ルー・アンドレアス・サロメ宛書簡、1919年7月30日付)
このフロイトの手紙の最後の部分は、私が常々感じていることでもある。それはあきらめ、断念ということの重要さである。私は人間としても臨床家としても老齢期にあるが、この問題は年齢とともに重要さを増していると感じる。これは森田療法的にいえば、「とらわれ」の概念に深く関係しているといえる。
この諦め、諦念のテーマは、日常の臨床家としての体験にも深く関係している。日常臨床の中で私たちが受け入れなくてはならないのは、患者が望むとおりには、なかなかよくなっていかないということだろう。勿論時には明らかな改善を見せる人もいる。しかしたいがいの場合その改善には限界があり、多くの患者は残存する症状とともに生きていかざるを得ない。このことをどこかで受け入れない限り、患者はその苦しみを一生背負っていかなくてはならない。また臨床家としても、患者がこちらの望みどおりに治ってくれるとは限らないということをどこかで受け入れる必要があるのだ。